アプリコットな日々

気長にブログ始めてます。日々の想いを綴る。

不思議な現象〜フェノメナン〜

f:id:YumeUtutu:20220218150321j:plain

 

こんな経験ありませんか?

といっても、私もこれまでそんな経験したことなかったもので、不思議で。

 

ある日、A町の病院まで行くのにバスに乗車していた時のこと。

それまで、車に乗せてもらって行っていたのですが、

その病院には、真前にバス停があって、

自宅から一番便利な路線バスが止まる停留所でした。

これまで、わかっていても、体の具合が悪かった時でしたので、

利用することなど、全く頭にありませんでした。

 

体か良くなり、ふとそれに気づき、

そうだ、バスで行けばいいんだ。なぜ今まで??

そう、体の具合が悪かったから、、、そっか。

 

それで、バスで行くことにしました。

ところで、さて、肝心の停留所の名前がわかりません。

次の停留所に留まる前に、アナウンスが入りますよね。

必ず、病院名が流れます。

「〇〇病院へお降りの方はこちらで降りられると便利です」と。

その病院もいつも聞き慣れていたので、わかっていたつもりでいました。

 

さて、病院はA町です。そして、「A町○丁目」という停留所があります。

その次は、「〇〇橋」という停留所です。

こちらは、B 町にあります。ですから、

間違いなく「A町○丁目」のバス停で降りればいいはず、と見当をつけていました。

 

さて、バスに乗り、だんだん近づいていきます。

アナウンスに気をつけながら、降りるボタンをおすタイミングを見計っています。

そして、「A町○丁目」のアナウンスが流れました。

ところが!!!何と病院名が出てきません。

でも!!!A町だから、念のため、、ボタンを押した。

しかし、そこでは誰も降りない、そして、病院の前でもなかった。

ちょっと気まずい思いをした。

 

ここで、その不思議なことが起きたのでした。

私が、まだかな、まだか、と思っている時に、

シルバーシートに座っているおばさん2人かもしくは老夫婦だったか。

もう1人の方の声が聞こえなかったので定かではないのですが、

そのおばさんの方が、もう1人の人にこう言い聞かせていたのです。

「いいかい、次の次だよ」と。

たいてい高齢者の方々は、病院でおります。

それで多分病院で降りるつもりなんだなと思って、様子を見ていました。

 

その言葉に従っていれば良かったものを、

A町というのが気持ちの中で優先され、

アナウンスだって、流れないのかもしれないし、

と極端に用心深くなってしまってボタンを押して、、、。

 

そして、誰も降りない。

そして今度は、

「いいかい、次だよ」とーーー。

 

あぁそうかぁーーっ、やっぱり!!!

そう、次でした。しっかりアナウンスも流れました。

その高齢者の2人も同時に降りました。

 

行きのバス停は、道路を挟んで向かい側にあるので、

病院へ行くのには、道路を横切って渡るか、

横断歩道まで歩いて遠回りするかです。

私は、道路を渡りました。

その老人2人は、向こうの方へ歩いて行きました。

病院の患者さんではないかと思いますが、その後まではもう関心もなく。

 

さて、この話には、もう一つオチがあって、

今度は、その病院の待合室でのこと。

f:id:YumeUtutu:20220218150509j:plain

まず、受付の診察券受けに診察券を入れて、

しばらくしてから、保険証の提示のため呼ばれるのですが、

それが、なかなか呼ばれない。

 

診察券を入れる時、少し混み合っていたので、

もしかして、見落とされているのかも、と心配になってきます。

 

ところが、そんな思いをしているのは、

私だけではなかった様で、

これもまた、老夫婦の奥さんの方が旦那さんに、こう言い聞かせているのです。

 

「いいかい、保険証見せるのに呼ばれるまで待っているの。(心配しなくていいから)今待ってれば呼ばれるから」

と何度も旦那さんに言い聞かせている。

まるで、私も言い聞かせられている様な、、、。

 

これもある意味“神の見えざる手”によるものでしょうか?