アプリコットな日々

気長にブログ始めてます。日々の想いを綴る。

ゆっくりまったりお裁縫を

一時お裁縫に嵌り、のめり込んで服やらバッグなどなど作ったりしましたが、いろんな意味でパンクしてしまい、物が食べられなくなって。そんな時期を乗り越えて、、、。

 

さて、2015年のソーイングの季刊誌を引っ張り出して、何を作ろうかなと。

それがこちらでした。

arama-hosikere.hatenablog.com

その翌日には、有料ゴミ袋も買いに行かなくてはならないので、徒歩でお店に行って、店舗内の手芸店でカットクロスを買ってきました。

f:id:YumeUtutu:20220326203428j:plain

(余談ですが、レジが終わってから、出口までの通りにケーキ屋さんがあって、なるべく立ち寄ってケーキを買うようにしています。たまにしか行かないので、良いかなと。もったいないと思いませんか?ちょっとしたご褒美として。)

 

昨日になりますが、ようやく作る気持ちになって、買ってきた生地の裁断を始めました。今回は、これを作るつもりで生地を選んで来たので、気分が上がる♪

 

型紙一枚で、表布、裏布、接着芯をそれぞれ4枚裁断します。

そして、ファスナーとバイアステープを。

ミシン糸は、色々揃えてあるので、選ぶ時はちょっと楽しいです。

 

バイアステープは、「ふちどり」と「両折り」という2種類があるんですが、しばらくやっていなかったものですから、間違って買ってきてしまった。幸い、余りがあったので、間に合わせることができました。

 

一日一つ。作業時間は2時間。ヒーリングも兼ねて。

f:id:YumeUtutu:20220326203906j:plain

f:id:YumeUtutu:20220326204009j:plain

 

私の好きな映画のセリフ。フランスの『舞踏会の手帖』より。

「ちょっとした元気が欲しい」(手紙でも良いからと。)

 

パスカル の『パンセ』にもこんな言葉かあります。

「わずかなことが我々をなぐさめるのは、わずかなことが我々を悩ますからである」

(1)「わずかなことが我々の気を紛らし、心をそらせる。なぜなら、わずかなことが我々を引きつけるから」(モンテーニュ『エセー』)

ちょっとしたことなんですね。気が塞ぐのも、元気になるのも。

気持ちにゆとりがない時こそ必要な言葉かもしれません(自戒を込めて^^;)。