アプリコットな日々

気長にブログ始めてます。日々の想いを綴る。

白鳥の北帰行〜今年も白鳥が見られたよ

毎年自宅から見ることができる、白鳥の北帰行が楽しみです。

車で40分くらいのところに、白鳥の中継地(飛来地)があるのですが、

子供の頃には親や祖父母などに連れられてよく行っていました。

また、近くの川にもたまに居たりするので珍しくないのですが、

列をなして上空に現れる白鳥の北帰行は、

何度見てもテンションが上がります。

家の上空を鳥が渡っていくのに最初に気づいたのは、

17年前の4月でした。

玄関先の道路沿いに出ていた母が、

おいでおいでと急かして手招きするので、出てみると、

何と白鳥が2列になってこちらへ向かって飛んでくるではないですか。

この時は、割と低空飛行で来ましたね。

とても感動しましたよ。

通りすがりのおじさんも、

わーって感じで見てました。

ずっと前から飛行ルートだったのだと思いますが、

この時以来、毎年見ています。

まず、クワーっクワーっクワーっと声がします。

窓を閉じていても聞こえるので、

すかさず窓を開けて、空を見ます。

まだこの段階では、姿は見えません。

曇っていたりする時は、全く見えないのですが、

低空の時には見られたりします。

雲の高さにもよるんでしょうね。

 

昨日は快晴で、窓を開けていたらまた白鳥の声がします。

左側(東側)へ向かって飛んでいく場合と、

家の上(北側)の方へ向かって飛んでいく場合があるのですが、

今回は、かなり上空を飛んでいましたが、

こちらへ向かっているよう。

すかさず、ベランダの枠の制約がありましたが、

その瞬間を捉えた。

写真だと、小さいですが、

もっとはっきり見えましたし、

それよりも感動したのは、

本当に、家の上を飛んで行った証に、

白鳥のも過って行ったのです。

結構大きな影で、5つ6つの影が、

家の敷地を過って行きました。

空高く小さく見えても影の大きさは変わらないのでしょうかね。

白鳥くらい大きな影でした。

 

白鳥が飛来する湖のある公園は、車で40分くらいのところにあるので、

改めて、訪れてみたいと思っています。

きっと感慨深いものがあるだろうと思います。

 

f:id:YumeUtutu:20220410111629j:plain

f:id:YumeUtutu:20220410111657j:plain

f:id:YumeUtutu:20220410111746j:plain

↑は、横一列のものを3つにトリミングしたもの。

↓ こちらは、それを繋げ直したもの。

f:id:YumeUtutu:20220410111629j:plainf:id:YumeUtutu:20220410111657j:plainf:id:YumeUtutu:20220410111746j:plain

 

ここで一句、、、

見上げれば鳥影過ぎる北帰行

(ミアゲレバトリカゲヨギルホッキコウ)

               ー凛鳥

 

 

以上、今年も白鳥が見られたよ、というお話でした。

f:id:YumeUtutu:20220410123200j:plain