アプリコットな日々

気長にブログ始めてます。日々の想いを綴る。

もしもし、アナタハ カミヲ シンジマスカ?

サブで心の灯火というブログを開設しているのですが、

新しい記事を書きましたので、ここにお知らせいたします。

twinkling-stars.hatenablog.com

私は、大変信心深いのですが、毎日、飼い犬だったわんこちゃんの遺影に手を合わせ、お祈りしております。

半分冗談ですが、心を神に委ねて、万物の神にして唯一絶対の神にその日1日が無事であることそしてまた、世界平和のためにお祈りしております。

この度、ルターの『キリスト者の自由・聖書への序言』を読みまして、キリストが、いかに重要か、単に神と同一視するのでなく、人としてお生まれになった意味、その重大さを改めて知ることとなりました。またプロテスタントでは、そのように考えられているのだなということも知ることができました。

また、ルターの改革の核心についても知ることができます。まさにカトリックに対する異議申し立ての論文だからです。

50ページほどの論文ですが、説得力に満ち、また愛にも満ち、その熱意のほどが伝わります。この他、聖書への序言も収められており、聖書に慣れない人への最良の手引書となることでしょう。

私は、福音書の方は良く読んでいたのですが、新約聖書に収められている使徒言行録や使徒たちの手紙などは、一応、読んでおこうくらいな気持ちでしか読んでいませんでした。

ところが、ルターにとっては、それこそが、まさに信者としての拠り所だったのでしょう。なぜなら、彼もまた、同様に、キリストを信じる敬虔な使徒たらんとする人だったからです。カトリックにおける戒律を学び、善を行い、懺悔する中で、生じた違和感。それを大いに悩んだ末に信仰こそ、すべての救いであると確信したのでした。今の私たちにしてみれば、当たり前かも知れませんが、そんな異議申し立ては、当時としては掟破りだったのです。そして、その戒律や律法を熟知していたからこそ、パウロの手紙や、福音に暁通し得て、福音を良く理解し、使徒の手紙の価値を良く理解できたのでしょう。

アナタハ カミヲ シンジマスカ?

以上です。

 

 

本日は「文化の日」読書週間の中心の祝日。それはさて置き本に没頭の日々を。

慌ただしい

9月は慌ただしかった。家のリフォームを終えるも束の間で、月末頃には、通院しているクリニック、授業料納付手続きやら皮膚科へも行かなくてはならず、日程の調整に煮詰まっていた。本当は、ワクチン接種の予約もしていたのだが、オミクロン株に対応した新ワクチンの接種がすぐ後から始まるということで(ニュースで知る)問い合わせて、一旦キャンセルをした。問い合わせると、既にそれ(新ワクチン)にも対応されていて、どこにも告示されてはいないが(地元新聞には記事になっていたかもしれない。未確認)、新ワクチン接種の予約は、何日から受付が始まり、何日から開始されますと、説明を受けた。接種券は、そのまま使えるとのこと。実によく対応が行き届いていると感心した。クリニックの方では、年に一度、市役所で更新しなければならない手続きがあって、必要書類を受け取る。

 

序でに

秋学期も始まり、軌道にも乗り、落ち着いたところで、市役所へ。その序でに図書館へも行った。もちろん、何冊か借りてくるつもりで。ということは、2週間後までに、返却にまた行くということ。冬になったら難儀だが、ひとまず良い傾向だ。路線バスで往復1時間かかり、運賃も往復で600円。停留所から図書館までは、徒歩で10分くらいかかる。平日の午前だったが、各テーブルに1人は座っているかいないか程度の割合で人がいた。室内は静寂に包まれている。そんなに大きな図書館ではないので、ネットでサイト内検索しても、ない本も結構ある。それでも行けば、知らないいい本が沢山。家では得られない静けさ、好奇心を刺激する数々の書棚、それぞれ本に没頭し他人に対して不干渉な装い。ぐるっと見て回り、一冊手にとった。テーブルの席に1人座り、1時間くらい没頭して読み進めた。『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』。曲がりなりにもこうしてブログを書いている身として興味を惹くタイトル。文面は、大変読みやすく、スラスラと読めた。決めた、これを借りよう。480ページあるのだが(4cmくらいの厚さ)そんなこと苦にならぬほど、読み進めていける。自宅においては、授業の課題レポートの作成で4日間ブランクが空いたが、大体1週間くらいかけて読み終えた。

 

 

授業で使う本の担当章のプレゼンテーション作成

さて、その授業で提出のレポートであるが、指定されたテーマとする本の担当する章を割り当てられて、それを図式化してプレゼンする為のまずは、スライドを作るというもの。PowerPointを使って作成するのだが、これが、大変私を駆り立てた。というか、割と簡単にできてしまった。取り組むに当たり、仕事をするような心構えで臨んだ。こんな機会でもなければ、やらないことだろうが、この大学では、こうしたプレゼンをこれまで他に2つ作っていて、良い経験をさせてもらっている。大変有意義である。

 

ワクチン接種

10月も末、ワクチン接種を受ける。副反応は、翌日に現れた。体の強張りから発熱へと経過を辿り、熱が治ったところで、頭痛と体の痛みを緩和させる目的で、解熱鎮痛剤を飲んだ。1時間もすると痛みも和らぎ、楽になった。翌日は、ひと山乗り越えたような爽快感が。普段働かない珍しい体の機能が活性化され、最大限の努力で乗り越えた、その達成感とでも言えようか。

 

休館日

さて、その数日後、返却の期日の1日前に、図書館へ向かう。向かう途中になって、月曜日は休館日であることに気が付く。ハッとして、降りようという衝動にもかられたが、返すだけでいいのだからそのまま向かう。まず、ポストの場所へ行って確認し、広場のベンチに座って、もう一冊借りた本を読みかけから読み始める。お天気が良くて、日差しがあり暖かな日だった。まだ、人気もなく、お休みの日らしい閑散とした空気が流れていた。すると、ひょっこり、お年寄りの女性が近づいてきて「体を清めるお祈りをさせて下さい」、と。「観音菩薩のお祈りで」、云々。まだ、人の気配は他になく、また、人当たりも良かったので、そのまま素直に祈ってもらった。

 

『古代末期の世界』読了

10年くらい前だったか、もう買ってから何年も経っていた本、『古代末期の世界~ローマ帝国はなぜキリスト教化したか?』をこの度、読了した。タイトルだけ聞くと、バイアスがかかったような憶測を持たれそうだが、そうではない。実に客観的で、内容は濃く、当時の人々の残した言葉なども折り混ぜられていて、いわば歴史的文献からルポルタージュしたような現実感があった。この辺りの分野に(地中海、近東、中東)幾らかでも明るい方なら、読むのにそれほど難儀しないと思う。とても読み応えがあり、満足感を得られる本だった。当時のビザンツ帝国コンスタンチノープル)、西ローマ帝国ペルシャ帝国について、詳しく書かれてある。どういう過程を経て、カトリック教会、ギリシャ正教会イスラム教が、成立していったかに詳しい。それぞれが密接に関わっている。ご興味のある方は是非。お薦めです。

では。

英語学習アプリなど

4年次秋学期が始まる。最終学期となる。

今回は、ゼミナールと教養科目が4科目のみ。

ソフトバンクが運営している通信大学なのだが、

当然と言えば当然、IT系の大学。

社会人の方や、編入生の方も多く、良い刺激となっている。

JavaScriptでゲームを作ってください、と言われた時には、

どうなるかと思ったが、演習していく内、わかるようになった。

(教わった範囲内でです。)

しかし他の学生の作ったゲームには、圧倒された。

私なんかは、習った分だけだったが、

そのままゲームアプリにできるレベル。

それでも、満点もらったが、、、ホッ☺️。

 

今学期の教養科目は、前期が「AI(人工知能)入門』と、

「我々の宇宙」。

後期が、「宗教学入門」と「防災論入門」である。

これで、教養科目は、全部で48科目履修することになる。

長い道のりだった😅

 

英語も基礎英語、中級英語、上級英語を3年間学んだ。

これは、講師に教わるのではなく、

もともとあるインターナショナルなアプリケーション

Voxy」をサイバー大学用にプログラムさせて提供されたもの。

グループレッスンなんていうのもあって、

外国人の先生といろんな国の生徒さんと一緒に

会話を交えて問題に答えていくというものだった。

ブラジルとかインド、東南アジア系の人が多かった。

これが一番、効果があったかな?

教材自体は、個人的には、やってもやらなくても

あまり意味がないものだった。

レベル確認テストでは、InterMediate程度だった。

こちらは、国際規格のテストで、私のレベルでは、

2時間くらいかかった。

あまり学習意欲の湧くものではなかった。

*****

さて、先日、脳トレアプリが凄い、みたいな記事を書いたのですが、

効果がありましたので、ここはひとつ、

英語学習のアプリを料金にこだわらずに探してみることにしました。

トライアルが良かったので、購入を。

授業料を2単位で4万円ほど支払ったいたことを考えると、

1年で、23,000円程度なら、それほど堪える金額ではない。

「AI英会話スピークバディ」というもの。

(appストアにもPlayストア にも対応しているみたいです。)

一応アプリ名だけを。お役に立てれば幸いです。

*****

さて、今年は、雨や台風で、日照時間が少なかった。

バジルやラベンダーを種から育てていたのですが、

バジルは発芽率が良かったものの、

ラベンダーは、そもそも発芽率が30%で、

実際はその5分の1ほど。

18ポットの苗床にばら撒きして、芽が出たのは4つだけでした。

また、発芽まで1ヶ月かかりました。

8月はずっと雨。

雨天が去った頃には、既に暦の上では秋です。

それでも、バジルは5回収穫できました。

(摘芯して脇芽を伸ばしを繰り返す)。

ラベンダーも、少しずつ成長し、

本日、大きい鉢に植え付けをしました。

なんでも1年目は花は付かず、2年目から花が咲き続けるそう。

高温多湿に弱いそうで、ベランダで冬囲いをして、

越冬させようかと思っています。

ラベンダーとバジルの苗床、種まきハウスというものなんですが、

2つにそれぞれ撒いたのですが、

どういうわけか、ラベンダーの方に

一つだけバジルの双葉が発芽していまして、

バジルの方は、24ポットと決めていましたので、

一つ半端になる。それで別の鉢で育ててみることにしました。

順調に育ち、花の芽もついてますね。

花が咲いたら、枯れるらしいです。

精神疾患を抱えているのですが、

最近は、4、5時間くらいしか眠れておらず、

昨日、午後から、徐々に徐々に眠りを深め、

夜まで5時間くらい休み、

それから就寝しましたら今日はすっきりしていました。

本日はお天気も良く、気持ちもすっきりです。

厭なことがあっても、受け流すだけのゆとりもありますね。

睡眠は大事です。

 

新しいブログを開設しました

サブで新しいブログを開設しました。

心の灯火

はてなブログを始めて1年半余り経ちます。

どこまで続けられるかわかりませんが、どうにか納得しながら今のような形になっています。自分でもわかりませんが、それなりなブログになっていると思います。

雑記風のブログなので、余り深い話、、、政治的な話や宗教的な話は、控えていたのと(気持ちをうやむやにしてました)、また、書く自信もなかった。

この度、新しく開設したブログは、今のところ、長く続けるようなものではなく、話が尽きたら、そこで終わりにしようと思っています。

内容は、宗教的なものとなっています。

これまでは、気が向いた時に書いていましたが、今回は、計画的に取り組んでいこうと思っています。

読んで下されば、幸いです。

読者登録も歓迎です。

今後もよろしくお願いします。

とりこり

 

台風台風もういいや

今日は、アーモンドキャラメルヌガーをトッピングしてケーキを焼きました。

この間のケーキもそうなんですが、門倉多仁亜さんのケーキの本から作っています。

 

我が家では、このケーキブックで作り始めてから、
「ケーキ、作るの上手になったね」と言われるようになりました。
材料も、そんなに凝ったものではなくて、普通に手に入るもの、至って簡単。
それがなぜか、一味違うんですね。とっても上質なんです。

*****

台風一過で、雨雲も一掃され、過ごしやすくなったかと思っていたら、また台風なんですね。
2日ばかりの好天でしたが、風が吹き荒れて、今年のジメジメとした夏の湿気を吹き飛ばすかのようでした。

*****

つい先日、2015年から使っている、iPad air2(もうかなり古いですね)に瞑想&脳トレアプリ(有料)をダウンロードしまして、これが、とっても良かった。

apps.apple.com

8カ国語に対応していて、世界で800万ユーザーがいるそうです。
レビューを見る限り、私はもしかしてかなり使っている??かもしません。
初年度は、3,700円、一年更新で6,500円(だったかな?)、アプリ内課金有り。
私は、有料のものはまずダウンロードした試しがないのですが、またゲームにも熱中するタイプではなく、興味がほとんどなかった。しかし、脳トレであれば、、、。

IQテストもあって、上位8%にランクイン(1点刻みで数値が算出される)。ちょっと自信がついた。

 

また、反応力とか、スピード力、計算力なんかは良かったのですが、記憶力に問題があることがわかりました。記憶力のゲームにもいくつか種類があって、そのうちの一つがなかなかクリアできなかった。毎日チャレンジして、ちゃんとクリアできるようになりましたよ。ゲームって、物にもよるんでしょうが、良いものですねぇ。衰えかかっていたが故にわかること、でもありました^^;。

それぞれ一つのパターンに30くらいのレベルがあって、どんどん難しくなっていく。当面楽しめそうです。

瞑想系のアプリでもあるだけに、ゲームのバックグラウンドのメロディーに癒されます。クリアした時の音も耳に心地よく。だから、余計落ち着くのかもしれません。

 

ちょっと、アプリの話が長くなりました。

今日のトピックとしては、ケーキを作ったこと。

空はまだまだ荒れ模様。今は脳トレアプリに励んでる、といったところでした。

 

(これは、フロランタンではありません。バターケーキにキャラメル ヌガーを乗せて焼いたものです。)

火の鳥の夢

今日見た夢。

火の鳥か?煌びやかで孔雀のような鳥が、家に悠然と羽ばたきながら、こちらの方へ入ってきた。心地良かったので、吉夢かなと。

 

とは言うものの、実は、最近、手塚治虫さんの『火の鳥』の解説本、

火の鳥 大解剖 - 手塚治虫 - (日本の名作漫画アーカイブシリーズ サンエイムック)

を入手し、唸りながら、拝読しておりまして、ここ数日は、他の本とか読まなくてはいけなくて、まだ読んでいないところもあるのですが、、、。

 

それとまた、実は、昨日、お風呂場の窓ガラスをきれいに掃除したところでもありました。さらにまた、実は、9月に入って間も無く、お風呂場のリフォームをしまして、窓枠の型が古く、外窓は新しいものに変えられず、内窓だけは、新しいのがつけられるそうで、その前にと、昨日、窓を全部外して、掃除した次第でありました。気温こそ低いものの、快晴で日差し強く、直射日光が当たっているところは40℃近くあり、風も勢いよく吹いており、絶好のタイミングでした。

住設の工事に当たってくれた方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。感謝、感謝です。ありがとうございました。

 

それで、お祝いも兼ねて、細やかながらケーキを焼きました。
シナモンとレーズンのケーキなのですが、クグロフ型で作りました。
このクグロフ型は、ずっと憧れていた型で、ドイツ、フランスなどでは、一般家庭に普通にあるもののようです。

 

今年ももう暮れまで何ヶ月でしょうか、長かったような短いような。毎年恒例のように、作らない年もありますが、クリスマス用にシュトーレンを作っていたりしましたが、今年は、クグロフを是非作ろうと思っています。

*****

火の鳥』の話に戻りますが、私は、手塚治虫さんを語るには、にわか者ですが、常々思っていることがありまして、それが、この度の解説本『火の鳥』と見事に符合しまして、感慨深いものがありました。『火の鳥』は、手塚治虫さんのライフワークだったとか。晩年まで、書き続けられていたのですね。

 

小学校高学年くらいの時だったと思いますが、児童図書館に、貸し出されていて、がらんとした棚の端っこに、一冊だけ10cmくらいの厚さの読み古されてハードカバーにかろうじて繋がっているような漫画の本、そう、まさしく『火の鳥』があって、借りてきたんですね。子供には、難しかったのでしょうが、神様のような鳥が、正義の味方のように現れて、去っていく、何事かを物語っている、、その程度の認識しかありませんでしたが、奥深さは、感じ取っていたように記憶しています。

 

それもそのはず。火の鳥は、日本史のみならず、世界史、そして、未来の年表に基づいて描かれているのです。もちろん、史実に沿っているとはいえ、架空の年表なのですが、テーマとしては、表題にある通り「人はなぜ、生まれ、なぜ死ぬのか」となっております。

 

正義と自由、そして、人間の未来。手塚治虫さんの哲学的思想が込められてるのでしょう。

まだ書き足りない感じですが、この辺りでやめておきます。まずは、これまで。

 

メロンパンを作りました

見張り役の翼を持った天使様が、「今日は、メロンパンを作りなさい」としきりに促すので、今日は、メロンパンを作ることにしました。

 

(御囃子:そんなことあるわけないがな、あなたの妄想よ。トントトトン♪)

 

今日は、悪天候が続いているせいか、気持ち重たく、何をするのも気乗りせず、しかし、パンは焼いておこうと思っていた。ナッツとドライフルーツを入れて、白いパンでも焼いておこう、それで済ませよう。簡単に、と。でも、メロンパンのレシピを見ていると、これを作る方が、気分が持ち直しそうな気がして。

 

メロンパンて、食べたい時って、無性に食べたいが、そうでない時は、食べる気もしないもの。でも、作ることには、意味はある、と考え、作ってみることにする。

 

そんなわけで、時間を見計らって、取りかかった。

一次発酵まで、パン焼き器に作ってもらい(2時間)、出来上がった生地の具合を見てみる。バターが多めに入っているので、つるんとした、ツヤのある良い生地に仕上がっていた。

その間、上に被せるクッキー生地を作っておいた。

 

さて、等分に分割し、クッキー生地も、丸く伸ばして、パン生地に被せる。いい感じ。

 

格子状に線を入れて、2次発酵させてから、グラニュー糖を振りかけ、180°Cのオーブンで15分焼く。

(二次発酵を終え焼く前の状態)

 

さて、焼いたらさらに膨らんで、もとの生地の3倍くらいになった。

格子模様も、手慣れた感じで、上手いもんだとちょっと得意気になっていたが、焼いてみると、型は崩れて膨張し。クッキー生地が重いのか、パンのサイズをもっと小さくした方がいいだとか、色々ある。作業自体は、和菓子でも作っているみたいで、楽しかった。格子の入れ方とか、深さとか、改善点がある。また次回に。

*****

9月2日 、、、玄関にあるバジルに陽を当てようと玄関先に出ると、バジルの上を蝶がひらひら飛んでいる。プランター のところまで行くと、蝶がバジルに止まった。片方のプランター を陽の当たる方へ移動させても、逃げないで止まっている。羽を緩く閉じたり開いたりして、顔が向かい合わせ。置き終わって立ち上がると、またヒラヒラと飛んでいった。

 

その後は、台風接近で天候不良。今年は、雨が多い。バジルもようやく収穫できるまで葉が増えたが、昨年と比べると不作。日照不足のまま夏は終わり、今頃になって葉が茂るも、少しこごんで硬くなっているようだ。

*****

 

形がいいのを良いアングルで。

 

 

小麦胚芽、使っています

全粒粉とかライ麦パンなどの茶色のパンは知っていたけれど、小麦胚芽のパンって、実際知らなかった。とは言うものの、かれこれ10年以上前、手作りクリームを初めて作ったのが、小麦胚芽(オイルです)を配合したクリームで、その方面で、関心を持っていたのと、小麦胚芽と言う名称と概念みたいなものに、なぜか妙な愛着を持っていた(シニフィエシニフィアン?ですね。余談ですが、この記事を書くにあたり、Googleでいろいろ調べていたら、そのものずばり、小麦胚芽パンを作っているシニフィエシニフィアンというパン屋さんのページがありましたな)。

 

それで、いつものサイトで、パンの粉を見ていたら、ローストされたオレンジ色をした小麦胚芽がありまして、ものすごく香ばしく焼き上がるとのことで、買っておきました。商品のページには、賞味期限が発送から60日以上のものを発送、と書いてありました。

 

あれやこれやと2ヶ月が経ち、使う前に、賞味期限が切れちゃった。小麦粉に対する配合の割合とか、あやふやなままやり過ごしそうになっていたところ、ホームベーカリーを迎える運びとなり、1ヶ月過ぎた小麦胚芽を開封してみたら、なんとも言えない香ばしい良い香り。これは使える。

 

焼いてみると、確かに、部屋中香ばしい良い香りに包まれた。荒熱をとって、スライスし、試食用にと4つに切った。



何もつけなくても、それだけで食べられるくらい、良い味をしている。

配合は、小麦粉290gの内、小麦胚芽を40gにした。(小麦粉に対して14%を置き換えた計算となる。)400g入りだったので、10回作れば消費し切れるぞ。

 

次に焼いた時には、その翌日に、スライスしてサンドイッチにして食べた。1日経っているのに、しっとりしていて、柔らかかった。サンドイッチには、レタス、ベーコン、クリームチーズを挟んだ。我が家の定番となりそうだ。

 

小麦胚芽には、ビタミンB 群、ミネラル、ビタミンEや食物繊維の他、ポリフェノールも多く含まれているのだとか。この色を見ると、かなり栄養価は高そうに感じる。サプリメントの原材料にもなっているのだそう。この度、ネットで調べていたら、常用している健康食品と、こんなところで出会うとは。そんなこともあったりして。

 

小麦胚芽パンですが、強力粉だけで焼いたものよりもしっとりしていました。

酵母は「白神こだま酵母ドライ」を使っています。手捏ねの時は、湯で溶いてから作っていましたが、ベーカリーでは、投入口から投入するようになっていて、まずは、どの程度の出来具合かを見るために、その方法に従って作ってみました。次回は、湯で溶いて作ってみます。

 

 

何だか、体に栄養をもらったような感じです。

涼しくなって、過ごしやすくなったせいでしょうか?

お試しあれ。