凛鳥の日記

七転八起でようやく辿りついた平穏な暮らし。日々の思いを綴る。

園芸〜バジルの種を撒きました。

               f:id:YumeUtutu:20210420115713p:plain

 

バジルの種を撒きました。

f:id:YumeUtutu:20210420115845j:plain

土はプランター2つに14ℓ入り一袋で丁度でした。

数年前、ひまわりを植えた時、確か14ℓで間に合ったはずだと。

一応2つ買ったのですが、花の寄せ植えをしようと思っているので、

そちらに間に合わせられそうです。楽しみ。(けど、気が向かないとまた計画倒れになるかもしれないので、そうならないよう何事も日頃から心がけを大切にしておく。)

f:id:YumeUtutu:20210420120433j:plain  f:id:YumeUtutu:20210420120503j:plain

↑ 「タネ袋」または「絵袋」と言うらしいです。

”タネ撒きのための情報はもれなく”載せられていて、”いろんな情報が満載されている”とのこと。参考程度にしか見ていなかったが、色んな情報が盛り込まれているのですね。

袋には「点まき」、と書いてあったが、園芸の本では、ばら撒きでもいいと書いてあったので、ばら撒きにしました。芽が出たら間引きをして、そのままでいいようなら、そのままに。

ある程度葉が育ったら、植え直し(本当は「植え替え」をするのが正しい)をします。

30cmくらい間隔を開けなくてはいけないのだが、まあなんとかなるだろう。(葉が大きく育たないとかその程度かと。失敗してもいいくらいな気持ちでやってみた。)

バジルは、これまで何度か育てた経験があるのですが、気まぐれでやっていたので、よく覚えていない。苗から買ったこともあったかな?最近の記憶では、摘んで調理に使っていたことは覚えている。種から撒くのは初めて。また最近では、スーパーで葉だけを買えたりしたのでそれで間に合わせていたのでした。 

 

ここで本のご紹介です。

 私が買ったのは、単行本でしたが、リンクを貼る際は、その方が利便性があるということでしょうか、Kindle版が表示されるようです。Kindle Unlimited 会員なら、0円で読めるようです。とても見やすくて、わかりやすい本です。後は各々の植物ごとに詳しい育て方は、ネットで調べればOKですね。

gardenstory.jp

2〜7日くらいで発芽するそう。今日は二十四節気穀雨の日。”穀物を育てる雨”という意味。昨日まで大雨が2日くらい続き、今日は、気温がグッと上がり、晴天。まだ朝の日差しがある内に種まきをしました。鉢底石(軽石)も一応底に敷いて、園芸用の土を盛り。

発芽が楽しみです。

 

作るのがちょっと楽しくなる用途別の袋の紹介

丸く艶々のパンを焼いて、翌日はハンバーガーを作るのが、また一つの楽しみであり喜びでもある。今回もまた、大成功!乗せる順番がコツ。一番最初の時は、簡単にできたので、気楽に考えていたが、2度目、乗せる順番を変えたら、レタスが滑ってソースと共に崩れてしまう。しばし間を置いた後、即座にレタス一枚ごとにソースを乗せると上手くいった。

f:id:YumeUtutu:20210415191435j:plain

1回目、好評だったのと上手にできたこともあって、気軽に作るつもりで、バーガー袋を買っておいた。いよいよ出番です。もう少し大きいと良かったが、持ち出しするのでなければ、用は足りる大きさ。

100枚入りを2セット買っていた。1セットで良かったが、他にも使えるかと思って買ったのだった。おにぎりだとかフライ物だとか良いかもと。

買ったのが↑こちら。 

 

しかしブログの方で検索したらこっち↓の方がヒットした。こちらは22cm×22cmなのでこちらの方が良かったなぁ。

福助工業 バーガー袋 白無地 NO.22 100枚入

福助工業 バーガー袋 白無地 NO.22 100枚入

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

     * * * * * *

 

 さて、次は、絞り袋です。

ホイップを作って冷凍保存をしているのですが、大体2週間に1度のペースで作るようにしています。コーヒーのためなのですが、3年くらい続いているかな?そこであると便利なのが使い捨ての絞り袋。こちらの商品になります。

S、M、Lと3サイズあるのですが、それぞれ選択の名称があって、恐らくS が「トランペット」、M が「中形」、そしてL が「チューバ」となるかと思います。私が使っているのはL のチューバです。これですと、200mlの生クリームで作ったホイップが、ちょうど対応できます。絞るだけの余裕があって良いです。

クックパッドにもレシピを公開しています。

cookpad.com

この他、パン袋、クッキー袋、ケーキ袋などもありますね。どうでもいいようでいて、また無いと困りますよね。

以上、お役立ち袋の紹介でした♪

 

お散歩日和に

 

                f:id:YumeUtutu:20210412232140j:plain


昨日、朝の一連の作業を終えて、9時半、お天気が良かったのでウォーキングに出かけた。もちろん腕にはスマートウォッチ を。お天気は良かったが、風がまだ冷たい。道路が開ていくにつれ風も緩やかになり、日差しも適度に心地よく感じられるようになる。遊歩道までたどり着き、歩き進む。疲れを感じたら引き返すつもりで行けるところまで歩いた。最近、心臓の具合が良くなっていて、いつもの折り返し地点まで余裕でついた。ちょうど、ハンバーガー店があって、その裏側にホームセンターがある。鉢に花を寄せ植えしようと思っていたので、どんなお花が置いてあるか見に行った。種類も少なく、近隣公園などでよくみるようなのしかなかった。やっぱり、車で百花園につれて行ってもらおう。自宅の庭には、作った花壇に、いち早くチューリップが芽を出して、日毎葉が伸びている。しかし歩いてみると、道端はまだ枯れ野原。草も木も芽吹くにはまだ寒いようだ(上の写真は昨年秋撮影)。往復で1時間ほど歩いた。

     * * * * *

この日は、他には、電子ピアノとパソコンを繋ぐusbケーブルが届くので、楽しみにしていた。今練習しているのは、ショパンノクターン作品9の2。たどたどしく弾けば、最後まで弾けるが(スローな曲なら弾いて弾けないことはない)、鑑賞に耐えうるよう弾きこなしたい。ところで、コードを繋げば録音できると思っていたら、ドライバーが必要なんですね。15年も前に買ったピアノ。チャック式ポリ袋に説明書一式をまとめてあるものを、積んであるところから抜き出す。古いので、メーカーのサイトから最新のドライバーをダウンロードしインストール。晴れて演奏がパソコンに取り込まれた!個人的にはとてもとても嬉しい瞬間でした。なぜ今までコードで繋がなかったか、それは、、、何故だかわからない。短いコードが付属していたが、長さが足りなかったから、それきりになっていたとだけしか言えないな。だけど、今だから良かったと思うのと、始めるのにもちょうどいいタイミングだったので良いと思う。

f:id:YumeUtutu:20210413061130j:plain

5年くらいは随分弾いたが、その後、10年くらいずっと弾いていなかった。生活自体も落ち着き、あれやこれやと功を奏した感がある。無性に寂しくなった時、ピアノを弾くと気が紛れた。だから、ピアノは必要だったんです。部屋は狭いのですが、、、。

f:id:YumeUtutu:20210413061204j:plain

 

以上、昨日になりますが、日和のよかった日のトピックでした。

 

 

 

世にも奇妙な物語

世にも奇妙な物語

 

f:id:YumeUtutu:20210410120249j:plain

いつだったか、ある冬の日に、クリニックの帰りに母と落ち合うことになっていて、電話するとクリニックから真っ直ぐ行って国道を渡った所の洋食店にいるということだった。一人の時は近くのファミレスに行くのがお決まりだったが、母は最初あまり好まず。というわけで、真っ直ぐ行くとドラッグストアがあり、広めの駐車場があり、仕切りもない所に建物が立っているのだが、まさかそこの一階のフロアにイタリアンカフェが入っているとは思わなかった。入ってみるまでは、絶対にわからないだろう。

入ってみると、お客さんもまばらながらいて、恐らく近所の人か、常連の客なのだろう。慣れたような、大人な雰囲気の店だった。テーブルの下には荷物用の籠が置いてあり、脇に置くのがマナーなようだ。身内の者が迎えに来てくれることになっていて、それを待つ間、時間があるので、パスタを注文した。熱々のパスタが運ばれてきて、フォークでクルクル巻きながら、何か妙な感じを持ちながら「この店、静かね。、、パスタは美味しい。安いわね。こんなお店あったんだ。けど今度来た時、無かったりして、ふふふ、世にも奇妙な物語。」と言ったものだった。私も、妙に饒舌だった。会計を済ませ、店を出る時も妙な感じだった。何か魔法の店から出るかのように。

1ヶ月後、また、母と落ち合うのに電話すると、ドラッグストアにいるとのことだった。先月に落ち合った店が閉まっているとのこと。ドラッグストアまで行き、帰りの道すがらその店のドアを見ると、<<28日を以て閉店いたしました >>と張り紙がしてあった。「ほら、何か妙な感じがしたもの。本当になかったね」。

 

文学についてのメモワール

f:id:YumeUtutu:20210404152621j:plain

 10代の頃、幸いにも、お互い強く共鳴し合う友がいた。何かの因果の巡り合わせか?今から思えば貴重なことだったと思う。当時も「意外と皆んな、親友っていないよね。」とお互い自認しあっていた。

精神的な渇きというものがあると思う。この場合、自分に合ったものを見つけるのは、案外たやすいことかもしれない。それぞれだと思いますが、それは音楽アーティストだったり、そのエッセイ、言葉だとか、歌詞、メロディーだったりするのだろうと思います。

20代の頃、私はいわゆる読書家ではないが、こうした意味で、本との出会いがあった。心の友である。そうしたことも、幸せなことだった。そこらの人間関係では得られない喜び、というものです。それが、太宰治であったり、ドストエフスキーだった。(当時としては、私は太宰にとって一番嫌な読者だったかもしれない(笑)。太宰の作品に「眉山」というのがあり、35歳を過ぎて、読み返している時に見つけたのですが、当時の自分が重なり気恥ずかしくなりました。)ドストエフスキーで言えば、自分が思っている事と同じことが書かれてあることに感動し、ほぼ全作品を読みました。当時は心の友でした。今は、ある意味超えることが出来たかな、なんて思ったりしてます。一つ、今でも心に留めておきたい言葉、”全ての悪徳は怠惰から始まる”、これは、肝に命じておきたいと思っています。

10代の気持ちのままでいられる人というのは、幸せな人だと思います。そうした人は、気持ちが若く、気っ風がいい。

私の場合は、よく理由はわからないですが、精神的な脱皮のようなものが起きて、”名を変えて改まる”のではなく、”改まるから名を変える”、例えば、僧侶とか、武士なんかが名前を変えていく、というものに近いかもしれません。それが、自然に起きた、ということになるでしょうか。

所謂、聖書で言う”盲人”、で例えるなら、35歳になる年までは、いくら聖書が大好きでも盲人で、その年を境に、”開眼”をした、ということが言えるかもしれません。まだ次の段階があるのかもしれませんし、間違っているかもしれません。しかし、物事の捉え方、文学の理解の仕方がガラリと変わりました。

それを以前と以後で分けますと、以後で読んで面白かった本は、人類学者T・ヘイエルダールの著書『コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)』、同じく『アク・アク』。これによって、人類史というものを一続きの実感を伴った感覚として得ることができるようになりました。最近では、ダフネ・デュ・モーリアの作品群(小説)なども面白かったです。オカルトとして捉えられることがある作家ですが、私には丁度良かった(笑)。これらも”出会い”でした。

今は、史実にまつわる本を読むのが楽しみとなっています。日本の古典の世界を堪能したいと思っています。

 しかし、気が塞いだ時など、励ましや支えは必要です。

なんとなく、絵本も読みたいなと思って見つけた一冊。

絵本ではなく、12のメッセージに絵が添えられている形になっています。

『〜世界でたったひとりの大切なあなたへ〜12の贈り物』

12の贈り物

12の贈り物

 

 大人にも、いいえ、大人だからわかる言葉なのでしょう。自信を与えてくれます。

ここでついでにご紹介をしておきます。

  以上、ご参考まで。

 

Break Time〜リスドォルでプチ・フランスパンを焼く〜

                   f:id:YumeUtutu:20210330200151j:plain

 プチ・フランスパンを作ってみました。

リスドォルを開封

粉の賞味期限が4月末日まで。

それまでに、、ちょっと過ぎてもいいので、

都合をつけて作っていきたいと思います。

 

この粉は、リスドォルという粉で、準強力粉に当たります。

時間、手順は、作り慣れている工程と同じだったので作ってみました。

さて、形成して、強力粉を振り、切り込みを入れ、バターを乗せ、霧吹きをかける。

ここまでは、まあ良かった。

f:id:YumeUtutu:20210329205348j:plain

まずは、レシピ通りの温度設定で。

250℃の余熱で、230℃に下げて焼きます。

焼成時間は13分。

さあ、焼けました!

f:id:YumeUtutu:20210329205533j:plain

どうでしょうか?

クープ(切り込み)の出方が、今一つ。

ちょっと焦げ過ぎ。

でも、フランスパンっぽい。

割って食べてみると、しっとりふかふか、外側は程よい硬さ。

でも苦い??もしかして、、、なんと底が焦げていた ( ̄O ̄;)!

ああ、残念、、次回は、温度設定を変えて再チャレンジを!

 

クープナイフというものがなくて、ペディナイフを使った。

ちょっと値が張るが、Amazonでグランシェフというお店からクープナイフを買っておく。

 YouTubeでも、作り方が色々ありましたけど、

問題は、余熱の温度設定にあるように思います。

(否否→コゲの原因は上にのせたバターでした!後段で述べる。)

次回は、余熱から230℃に設定し、そのまま焼いてみたいと思います。

上手に出来ましたら、またご報告したいと思います。

     * * * * * *

   今日は、ちょっと交感神経が優位になり、

  そんな時には、コーヒーを飲むことにしている。

  バランスをとってくれるので。

  ちょっと夜更かしして、フランスパンの作り方、コツなどをチェック。

  次回に活かす! 

     * * * * * *

*砂糖、バター、牛乳を使ってますのでちょっとリッチめなリーンになるかと思います。

 〜 作り方は、一般的な手順です〜

  • 捏ねて、一次発酵50分。
  • ガス抜きをして、分割し、15分ベンチタイム。
  • 天板に形成して並べて、40分二次発酵。
  • 後は、強力粉を振って、クープ(切り込み)を入れて、バターのせ、
  • オーブンに入れる直前に霧吹きをかける。

水分量も70%以下。ベタベタ状態で捏ねるのは好きではなくて。

(これをすると、途方もなくて悲しくなるのでした( ̄◇ ̄;))

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ーー 翌日です。

焦げの問題を解消すべく、再チャレンジを。

今日は2度目(2日続けて作った(^^;)。

 

<焦げの原因が判明>

 f:id:YumeUtutu:20210330200613j:plain

 このように、強力粉を振って、クープ(切り込み)を入れて、その上にバターをのせるのですが、焦げの原因が、このバターにありました。

クラスト(外皮)に比べ、パンの底が焦げ、訝しく思っておりました。

余熱を250℃にしたのがいけなかったのかな、と思っておりました。

焼く時には230℃に下げるのですが、しかし、ピザを焼く時には焦げない。

このパンでは、バターはオーブンに入れるとすぐに溶け、下に液状になってたまります。それが焦げの原因だったのでした。

という訳だったんですが、今回はまず余熱から設定温度を230℃にしました。そして、オーブンを覗き込むとすぐにそれ(バター)と気が付きました。それで底が初回の時よりも焦げ付かないようクラストの色を見計らいながら、13分より1分早く取り出しました。底は多少焦げかかってはいるものの、味を損ねるほどでもなく、こんがり焼いたパンのような味。

f:id:YumeUtutu:20210330202944j:plain

クープもきれいに開き、まずまずの出来。

母の感想ー「パン屋さんにこれと同じのがあったら、いつも買ってくるわ」

ちょっとリッチなリーン寄りのハードなパンと言った感じかな?

 

 バターをのせるのも意味があるようなので(後で確かめておく。風味が出るとか、きれいにクープが開くとかあるみたい。)、量を半分に減らすか、またのせていないものもあったりするから、いろいろ試してみることにしよう。クープも、もう少し深くしてもいいのかな?

追記として、オーブンに入れる直前に霧吹きをかけるのもお忘れなく。そうしないとパンの膨らみが悪くなるのだそうです。卵液を塗るのも同様で、表面の乾きを遅らせることで、良く膨らむのだそう。

以上、ご参考まで。

 

Break Time 〜パン作り〜

今日は、パンを作りました。

所要時間3時間15分。

cookpad.com

こちらのレシピです(My レシピ)。

手作りパンが好きで、まだソフト系しか作ったことがありませんが、

この間、YouTubeで、ハード系の粉を使ったパンの動画を見て

簡単に作っていたので、今度チャレンジしてみようと思ってます。

(粉は既に買ってござる。)

f:id:YumeUtutu:20210324202916j:plain 

オーブンで焼いているところ。ワクワクしてきます。

 

f:id:YumeUtutu:20210324204301j:plain

この程度ならお手のもの。柔らかくしっとりとしたパンです。

ちなみに、粉は春よ恋、イーストは白神こだま酵母を使ってます。

水の分量でこれまで苦労してきましたが、今ではどうこの配合にたどり着いたかわからないくらい試行錯誤し、この配合に落ち着きました。ベタつかず、しかも柔らかく扱いやすい生地に仕上がります。今日も手こずらずに捏ねることが出来ました。

 

f:id:YumeUtutu:20210324203005j:plain

明日はこれでハンバーガーを作ります(宣言!)。